【50歳からの宅建合格】失敗しない通信講座選び!おすすめは講義時間が長くなく、質問できて、合格実績が高い

市販のテキストと過去問題集だけで宅建試験に合格したケースもあります。

確かに毎年20万人以上受験するので、そのような方もいるでしょう。しかし既に何かしらの法律資格を取得しているケースが多いです。

始めて宅建に挑戦する方なら、絶対に通信講座を選びましょう

講義時間は長すぎず、質問ができて、合格実績が高い通信講座を選ぶ

一見、講義時間数が多いと良さそうですが、そうではありません。1回の講義につき、同じくらいの復習時間が必要です。

すると講義時間が多ければ、それだけ復習時間も必要になり、消化不良になります

50代は、仕事や家事、町内会、親の世話とか何かと時間が足りない。

だから「講義時間は長すぎず」。これがベストの選択です。

そして初学者の方ならば質問制度がある通信講座がいいですね。実際に質問するかどうかは別として、あるだけで安心です。

また講義時間が多くないと、受講費用も安くなります。この点からもおすすめです。イチ押しは、LEC宅建講座の「スキマ時間で宅建合格Webコース」です。

参考値段の安い宅建通信講座を比較!LEC・TAC・アガルート・スタディング、月額制(サブスク)も

LEC宅建講座「スキマ時間で宅建合格Webコース」

ポイントまとめ
  • 講義時間は消化のしやすい60時間。
  • 忙しい社会人受験生で続けられる1回の講義は30分。もちろんスマホ対応。
  • 担当講師は、若手実力派で宅建のテキストも執筆する有山あかね先生
  • 質問も可能(30回まで)。
  • 無料で試せる「おためしWeb受講」も用意。
  • LEC宅建講座は宅建指導歴37年の最大手レベル予備校

【サンプル講義動画】有山あかね先生の講座説明

納得娘
納得娘

有山あかね先生は宅建のテキスト↓も出されているプロフェッショナル講師です

TAC宅建独学道場

そして大手予備校のTAC・宅建講座によるコンパクトな通信講座が、TAC宅建独学道場です(発売元はTAC出版)。

ポイントまとめ
  • 講義時間は従来の3分の1程度の31時間(スッキリコース、試験に出る個所を中心に)
  • 大手予備校のTAC宅建講座の実力派講師陣が講義を担当
  • 宅建過去問アプリ(2,940円相当)が無料
  • もちろん質問可能(5回まで)。
  • 全国公開模試(成績処理あり)まで用意

【サンプル講義】「TAC宅建独学道場」

まとめ

まとめると、講義時間がちょうどいいくらいの通信講座を選べば、失敗する可能性は少ないです。むしろ問題演習に力を入れた方が、合格が近くなります

講義時間が多い方が安心?

もっともな疑問というか不安ですね。

確かに講義時間が多ければ(長ければ)、それだけ網羅できる論点が多くなります。

しかし忙しい50代受験生なら、「満点を目指さず、合格ラインを超えること」。それにはコンパクトな通信講座で、その分を徹底した復習や、十分な問題演習をした方が圧倒的に合格可能性が高くなります(これはガチ)。

タイトルとURLをコピーしました