【圧倒的コスパ】たった1万円で宅建試験の合格が目指せる!通信講座の受講料込みで【50歳からの宅建合格】

50歳超えると何かとお金がかかります。

家族の生活費もそうですが、親戚縁者がバタバタと死に出し、ご霊前も結構な出費です(笑)。自分の医療費とかも。

1万円あれば宅建は合格できます!

ハッタリではありません。サブスク(月額制講座)を利用するのです。

おすすめは資格の学校TACの関連会社が運営するオンスク(正式名称はオンラインスクール)です。宅建講座が低額の月額制で受講できます
参考値段の安い宅建通信講座を比較!LEC・TAC・アガルート・スタディング、月額制(サブスク)も

1,078円のライトコース」と「1,628円のスタンダードコース」(どちらも月額)がありますが、おすすめは後者のスタンダードコース。動画講義のみならず、演習機能が付いてくるからです。

繰り返し話していますが、徹底した問題演習こそ、最短・最速の宅建合格術です。

だから問題演習機能は必須です。

関連 失敗しない通信講座選び!おすすめは講義時間が長くなく、質問できて、合格実績が高い

このオンスクの宅建講座(スタンダードコース)を2か月受講して、3,000円ちょっと。

ここに市販の過去問題集1冊2,000円弱。

予想模試3冊で5,000円弱。すべて合わせて10,000円です(拍手!)。圧倒的コスパです

まとめ(1万円の内訳)
  • オンスク宅建講座(スタンダードコース)を2か月受講 合計3,000円強
  • 過去問題集1冊購入 約2,000円
  • 予想模試3冊を購入 5,000円弱

サブスクのオンスク宅建講座について詳しく

ここでオンスク宅建講座のカリキュラム等についてまとめます。

項目内容
動画講座宅建講座ポイント講座(2講座)
講義時間宅建講座全144回(約25時間)
ポイント講座全17回(約4時間)
問題演習宅建講座全612問
ポイント講座全102問
担当講師宅建講座佐藤信仁先生(TAC)
ポイント講座才間恵一先生
【さらに】ダウンロード教材つき。
学習管理機能、キーワード検索機能、復習機能が
スマホでできる
(価格等は2022年10月現在)

TAC講師による宅建講座が月額で受講できるのがイチ押しポイントです。

また月額制のため、短期集中で1か月間で受講を修了することも可能。さらに追加料金なしで、行政書士やFP、社労士、簿記講座も受講できます。そのほかの講座については、公式サイトで。
公式サイト オンスク

【サンプル講義動画】「オンスク宅建講座」担当は佐藤信仁先生(TAC)、1コマ10分前後だから忙しい50代にピッタリ!

オンスクの注意点
  • 1か月単位で受講できる(違約金や解約金制度はありません)
  • かなりの低価格のため、オンスクに質問制度はありません
  • 添削指導もありません

分厚いテキストはいらない

「市販のテキストは買わなくていいの?」、そんな声が聞こえてきそう。

オンスクの宅建講座(スタンダードコース)で用意している講義レジュメ(講義スライド)で十分です。

80:20の法則」をご存じですよね。ある特定の要素2割が全体の8割の成果を生み出している、という奴です。

市販の宅建テキストも、すべてのページが試験に出るわけではありません。試験に出るのはその一部です。

オンスクでは、重要ポイントを中心にレジュメ化。これに過去問題集や予想問題集でマスターした知識を肉付けしていきましょう。試験で使える知識が身につきます。

納得娘
納得娘

もちろん市販のテキストを購入されても結構です。それでも+3,000円程度でしょうか

タイトルとURLをコピーしました