宅建登録実務講習おすすめスクールを厳選!通信講座、スクーリングは?修了試験は?

宅建試験に合格された方、おめでとうございます!10月の試験から2か月余りですが、その間、合格ライン予想に一喜一憂していた方も多いはず。私が宅建試験に合格した年度も問題が難しかったですが、宅建士試験になってから一層難しい試験になった印象です。

そんな難関試験とも言える宅建試験に合格されたので、あとは宅建士として活躍!と言いたい所ですが、そうではないんです。2年以上の実務経験がないと、宅建登録実務講習(宅建業法18条および宅地建物取引業法施行規則第13条の十六を参照)を受ける必要があります。

この宅建登録実務講習ですが、「通信講座」「スクーリング」「修了試験」の3つからなります。

通信講座

まず最初のステップが「通信講座」です。これは自宅等で学習するものです。学習教材ですが、スクールにより多少の差はありますが、以下のようなもの一式が送付されます。

  1. テキスト
  2. 資料集やレジュメ
  3. 学習の手引き
  4. 問題集(確認テスト)

つまり「テキスト」「関連資料」の合計数点になります。そして大きな違いになるのが、講義の受講方法であり、「DVD講義」か「Web配信」になります。これはスクールにより違いますので、学校を選ぶ際には注意が必要です。

スクーリング

これは実際に教室に通い対面学習を行うものです。通学講座と言っても良いでしょう。実際に机に座り、先生の話を聞く形です。

講義時間は12時間。スクールにより5日程度に分割するところもあれば、2日間集中クラスや1日集中クラスを用意しているところもあります。

なお12時間の講義と言うと退屈なような気がします。しかし実務に即した話ですので、むしろ興味を持って聞くことができるのではないでしょうか。

修了試験

最後の締めくくりが「修了試験」です。試験は「○×式」と「記述式」から構成されており、それぞれ80%以上の得点で合格になります。

ここまで聞くと修了試験の合格は難しそうですが、使用テキストの持ち込みが可能なので、合格は比較的容易だと思います。

なお万が一不合格になるケースもあるでしょう(講義中に眠ってしまったなど)。そこで修了試験の再受験ですが、スクールにより可能なところと、不可能な所があります。この点も比較する際に確認してください。

おすすめスクールはここだ!

2016年12月現在、宅建登録実務講習を実施しているスクールは16あります。この中から厳選しておすすめするスクールが、LEC東京リーガルマインドです。その理由として次の点が挙げられます。

  1. 通信教育は、DVD講義を採用(ネット環境が無くても学習ができる)
  2. スクーリングは、「平日夜5日間クラス」「2日間クラス」「1日クラス」と選べる
  3. 修了試験は不合格になっても、1回に限り再受験が可能

LEC東京リーガルマインド・宅建登録実務講習
▲LECの宅建登録実務講習サイト(画像はLEC東京リーガルマインドから)。

特におすすめポイントは「スクーリング」ですね。「2日間クラス」だと開始時間が午前10時と余裕があります。なお言い忘れましたが、宅建登録実務講習では「遅刻」「早退」は一切できません。その時点で欠格となります。

なので午前10時のスタートはポイントになります。渋滞や遅延(電車)による遅刻のリスクも減らせるでしょう。

このほかLECの宅建登録実務講習では、「クラス変更対応」などメリットが他にもあります。一度、LEC登録実務講習サイトで確認されると良いでしょう。
LECはこちら

ここまで宅建登録実務講習(通信講座・スクーリング・修了試験)、おすすめスクールについて見てきました。今回宅建試験に合格された方の中には「すぐに受講しよう!」というやる気満々の方も多いでしょう。

逆に「まだいいか」と言う「のんびり派」の方もいらっしゃると思います。もちろん登録実務講習はいつ受講されても構いませんが、宅建試験の合格から1年以上経つと「法定講習」を別に受講する必要が出てきます。この点にくれぐれも注意してください。

関連動画

LEC東京リーガルマインド宅建講座の水野健先生が、宅建登録実務講習について約30分に亘り解説しています。

「登録実務講習から始まる宅建士への道」

登録実務講習から始まる宅建士への道

LECの口コミと評判

LEC東京リーガルマインドの宅建登録実務講習については、こちらの記事も参考になると思います。

LEC宅建登録実務講習の口コミと評判は?【講師による動画解説あり】
LEC東京リーガルマインド宅建士講座の宅建登録実務講習の口コミと評判を集めてみた。通信講座、スクーリングの開始時間、修了試験の合格、実施日程、スケジュール、実施機関など。
タイトルとURLをコピーしました