試験

試験

【難問】2016年行政書士試験、問題46で財産分与が出題、講師の講評をまとめた

2016年11月13日(日)に平成28年度の行政書士試験が行われました。前年度は13.1%と高い合格率となった行政書士試験。今年はその反動で難化も予想されましたが、民法や行政法の一部を除き、難易度は標準的という評価が多いようです。 さ...
試験

【割れ問】2016宅建試験、問28と問29の正解は?合格ラインへの影響は?講師ブログをまとめた

今回の宅建試験では、問28と問29の正解が複数考えられる問題となりました。これを「割れ問」と言いますが、解答速報を公開しているスクールでも予想解答が割れているようです。
試験

平成28年司法書士試験合格発表、合格率は3.2%

今回の筆記試験の合格率ですが、出願者に対して計算すると3.2%という結果です。この数年、司法書士試験の受検者数は減っており(というか激減)、合格者数を一定数確保するならば、筆記試験の合格者数も増えても良いのではないでしょうか(他の国家試験の中にはそのような傾向にある試験もある)。
試験

予備試験の合格を目指す受験生のブログ

司法試験予備試験に合格すると、法科大学院の修了程度の資格が得られ、司法試験の受験資格が得られます。法科大学院の学習費用もそうですが、時間も短縮できます。そこで予備試験の合格を目指したいと思います。その学習記録と受験結果を残そう、と言うのがこのブログの趣旨です。
試験

特定行政書士試験は難しかった?ボーダーラインはどうなる?

今回の特定行政書士試験(考査)のボーダーラインというか合格ラインの予想なんですが、、認定司法書士とか特定社労士試験も簡単じゃないし、最近の国家資格の難易度のトレンドも併せて考えると、厳しくなるのかもしれません。
試験

債務整理は弁護士?司法書士?最高裁判所が判断へ【業際問題・動画あり】

債務整理の依頼先が弁護士なのか、司法書士(ただし認定司法書士のみ)なのか問題になったのが今回の一件です。認定司法書士が出来る業務は140万円まで。それ以上になると、弁護士だけが取り扱うことができます。
タイトルとURLをコピーしました