平成28年司法書士試験合格発表、合格率は3.2%

司法書士試験の合格発表が法務省よりされました。合格率は3.2%です。

この合格発表ですが、2016年7月に行われた筆記試験の合格発表です。司法書士試験には7月上旬に行われる筆記試験(午前の部・午後の部)と10月中旬に行われる口述試験の2本立てです。

もっとも口述試験で不合格なるケースは限りなくゼロです。したがって今回の筆記試験の合格は、すなわち今年の司法書士試験の合格を意味しています。

合格発表、必勝はちまき

さて今回の筆記試験の合格率ですが、出願者に対して計算すると3.2%という結果です。この数年、司法書士試験の受検者数は減っており(というか激減)、合格者数を一定数確保するならば、筆記試験の合格者数も増えても良いのではないでしょうか(他の国家試験の中にはそのような傾向にある試験もある)。

ところが今回の筆記試験の合格率は従来と同じ水準の3.2%に落ち着きました。法務省はあまり期待していないのでしょうか。

さて今回の法務省の合格発表を受け、各スクールでは来年度に向けた講座をスタートさせたり、筆記試験の合格者向けの口述模試の実施など、かなり忙しくなってきました。

なお筆記試験の合格発表にあたり、各スクールの講師陣が自身のブログで記事にしています。このブログ記事ですが、司法書士講師ブログを参照されると良いでしょう。講師陣のブログ記事が一覧で分かります。また実務家の記事やアマゾンの司法書士書籍の売り上げランキングもあり、参考になるコンテンツが結構あります。

司法書士講師ブログ
司法書士の講師ブログの新着記事です。
タイトルとURLをコピーしました