【上野御徒町】吉池工事中の画像まとめ【建て替え】

【2012年11月6日の記事を再編集しています】

上野の食品中心の大型スーパーと言えば、吉池です。近くには吉池関連のビジネスホテルなんかもあります。この吉池、船の形をしたビルが特徴的で、魚だけの専門館など利用価値の高い店でした。

(スポンサードリンク)

またお楽しみ抽選会もあるんですが、結構お得なんですよ。

旧館は建て替え

しかし東日本大震災以降、ビルの耐震面から建て替えることになり、現在は写真のように更地になっています。

(アメ横方向から春日通りを挟み撮影)
吉池工事中1

(本館と魚だけの専門館の間にあった通路付近から)
吉池工事中2

工事中の間、従業員はどうしているのかと疑問に思いましたが、御徒町の駅の反対側にて臨時店舗(仮設店舗)で営業を続けているようです。
吉池工事中3

(旧、魚だけの専門館の正面方向から見る)
吉池工事中4

(吉池新店舗の完成はかなり?先のようです)
吉池工事中5

【追記2015年5月】
以前の吉池とはイメージが異なる新店舗です。テナントとしてユニクロやユザワヤが入り、若い人の利用も多いようです。

なお旧吉池のテナントとして、
・花川戸から直接仕入れてきた靴屋→なくなった
・100円ショップ→現在も地下2階に残る(直営店だった)
などの記憶があります。

また御徒町と言えば、吉池のほかに多慶屋があります。こちらは食品ほか、化粧品、自転車、家電、薬なども扱っています。

上野御徒町の大黒屋

同じ時期に撮影した画像です。吉池からは春日通りをはさんで反対側にあります。

上野御徒町にある金券ショップ・大黒屋です。JR新幹線の切符やギフトカードなどが安く手に入ります。意外なものですと、上野動物園の入場券もここで安く手に入れることが可能です。

(スポンサードリンク)

もっともこの割引券は新聞社が販売促進用に発行したもので、上野動物園にとっては、正規の入場券よりも低い収入しかないと思います。動物園は餌代や水道代がとても掛かり、上野動物園でも運営を援助するサポーター制度を導入しているほどです。

したがって金銭的に余裕がある方は上野動物園で入場券を購入されると良いと思います。もちろん他の図書券などの購入には便利なので、大黒屋を使うと良いでしょう。

上野御徒町、大黒屋(春日通り)
上野御徒町、大黒屋

御徒町駅前広場

御徒町駅前の広場です。場所でいうとJR御徒町駅南口の目の前になります。

この場所は、以前は上野松坂屋の立体駐車場になっていて、大きな建物が2つありました。現在、写真奥手にある入口の場所には2階建ての飲食店があり、最後の時期には親子丼を扱う店(伊勢谷?伊勢屋?)だったと記憶しています。

(広場の写真)
御徒町広場

それにしても10年程前とかなり風景が変わってしまいました。人工的な感じがして、以前のような人間の生活感がしません。

【追記】
このほか広場前には上野松坂屋と吉池の再建築、秋葉原地区の再開発や、外神田地区の発展など、以前とは大きく異なる街並みになりました。

【アメ横】動く営業部長

アメ横まで足を延ばしました。そしてアメ横にあるゲームセンターで撮影した動画です。

ご覧のようにクマのおもちゃがグルグルとまわっています。なぜ営業部長のタスキをかけているのか分かりませんが、面白かったので撮影しました。

動く営業部長、playing toy

【追記】
このゲームセンターの向かいには、お菓子をどんどん袋に詰める志村商店があります。テレビなどでも紹介されたことがあるので、ご存知の方もいらっしゃるのではないでしょうか。

この志村商店もそうですが、アメ横の楽しさは売り手側の熱意ですね。声を枯らして売る姿はゲームセンターで時間を潰すよりも勉強になります。

これとは別になりますが、このゲームセンターから東京寄りに行くと、「茶の君野園」という老舗お茶屋さんがあります。その隣辺りにスマートボール(現在のパチンコの親戚みたいなもの)を扱う店があったと記憶しています。

御徒町から上野駅までは空いている地下道がある!

吉池とか多慶屋で買い物して、御徒町からJRに乗って上野で乗り換え、という方も多いと思います。

しかし御徒町の駅は結構混むんですよ。またエスカレーターも長いし、平日昼間は京浜東北線は止まらないし(快速運転)、結構不便なんですよ。

そして御徒町から上野駅まで歩いても大した距離はないんですよね。だから歩いて移動もおすすめです。

もちろんアメ横を横切ってもいいんですが、御徒町~上野に巨大な地下道があるの知ってます?しかも空いているんです。夏でも涼しい!

タイトルとURLをコピーしました