独自ドメインと無料ブログの使い分け、収益を狙うならどちらがおすすめ?

ブログ(サイト)を運営する以上、ひとりでも多くの方に見てもらいたいもの。そこでサイトを運営していく上で最大の選択?とも言えるのが、独自ドメインと無料ブログの使い分け、ドメインの選択です。

ここでいう無料ブログは、大手ブログサービスが運営しているもので、seesaaブログ、アメブロ、FC2ブログ、はてなブログなどを指します。ここでメリットとデメリットを確認しておきましょう。

無料ブログのメリットとデメリットまとめ

メリット

  • 無料である
  • メンテナンスの管理がいらない
  • インデックスが早い

デメリット

  • 広告が入る
  • 長期的には独自ドメインよりも検索順位がさがることも

これを見ても分かるように、例えばトレンド情報のようなサイトのインデックススピードを重視するならば、無料ブログを選択する手もあるでしょう。たとえば今朝のテレビで紹介された話題の商品を、ブログで紹介するなどです。

しかし運営者のブランディングを考えるなど、長期に亘る運営を考えているならば、「独自ドメイン+有料レンタルサーバー」がおすすめです。

独自ドメインの費用も比較的安く、お名前.comならばお手軽にサイトに合ったドメインが見つかるかもしれません。

お名前.com
▲サイトに合ったドメインが見るかることも。キャンペーンも実施されることがある「お名前.com」(画像は公式サイトのキャプチャ)。

無料ブログはSEOに不利なことも

一概には言えませんが、無料ブログを使うことによりリスクを抱えることがあります。

2015年の秋ですと、seesaaブログが一時期検索から飛びました(seesaaブログドメインが圏外に)。同じく2015年の冬にはFC2ブログのインデックスが減るなどの減少も。

さらには2016年春には、はてなブログの検索数が落ちるなど(「はてなショック」と呼ぶ人も)のケースもありました。

これらの原因は検索サービスを運営しているグーグルのみが知っている訳ですが、同じ無料ブログドメインで運営されている方のスパム行為や、1ドメインからの多数リンクなどが考えられます。

このリスクを避けるには、やはり独自ドメインでの運営がおすすめです。またseesaaブログなどでは、独自ドメインでの運営も可能です。したがって無料ブログサービスでの独自ドメインの運営も考えられるでしょう。これならばwordpress等に特有のサイト管理などの業務から解放されます。

それでも無料ブログで運営したい方には

ここまで見てきたように長期的な収益を考慮するならば、独自ドメインでの運用がベストだと考えます。

もっともサイトの維持管理が面倒な方や、記事の執筆に集中したいと考えている方もいらっしゃるでしょう。そんな方には広告の入らない(又は入ったとしても少ない)ブログサービスがおすすめです。

これについては関連記事があるので、そちらの記事をご参照ください。

広告なしの無料ブログ、お勧めの3サービス【メリット・デメリットも】
無料ながら広告が一切入らないブログサービスが存在します。そのブログサービス3つを紹介します。メリットとデメリットも併せて紹介します。
タイトルとURLをコピーしました