漢字検定におすすめの通信講座比較まとめ【JTEX・ユーキャン】

子供から社会人まで人気のある「漢字検定」。進学や就職にも有利になるケースもあり、今後も人気の続きそうな漢字検定ですが、簡単に合格できないことがあります。

漢字検定の合格は意外と難しい!

パソコンで調べる

「日本人だから漢字検定の合格なんて簡単!」なんて方、結構多いのでは?しかし級によっては合格が難しいケースがあります。

特に2級や準1級そして1級になると、合格するまで数回挑戦される方も少なくありません。

問題集を購入して一人で学習する方法もありますが、指導実績のあるスクール(講座)による通信講座を利用するのもおすすめです。

おすすめの漢字検定対策講座とは?

JTEX「らくらく合格!漢字能力検定こんな漢字あんな漢字」

職業訓練法人・日本技能教育開発センター(JTEX)による漢字検定対策講座です。2か月の標準学習期間で、漢字検定2級(準2級を含む)および3級の合格を目指します。

納得娘
JTEXは旧職業訓練法のもと、1971年に国から設立認可された社団法人です。

本講座では2級および3級の合格を目指すことはもちろんですが、「本講座は、読み・書き誤りやすい漢字、難読・難解語など、漢字が中心ですが、商談などのビジネスの現場で恥をかかないための敬語や語句などの問題も扱っています。(公式サイトより)」と、ビジネススキルの視点からも制作されています。

試験むすめ
JTEXは「ビジネスペン字」や「伝えるための技術文書作成講座(実践指導付き)」「最強の説得力・交渉力」など、ビジネス関連の講座を多く開講しています。JTEX通信講座がおすすめの理由とは?

そんなJTEXの漢字検定講座ですが、次の教材で構成されています。

  1. 主テキスト2冊(上・下)
  2. 別冊「らくらく合格! 漢字能力検定模擬問題集」(3級模擬問題全3回、2級模擬問題全3回 詳細な解答・解説付き)
  3. レポート(提出回数2回)

通信教育というと、自己管理するため途中で挫折する方も少なくありませんが、JTEX通信講座では理解度を確認するレポートの提出があります。

したがって学習の目標(区切り)が用意されているので、挫折する可能性も少なくできると思います。

講座の詳細へ(JTEX)

JTEC漢字検定講座
▲ 「らくらく合格!漢字能力検定(2・3級対応)こんな漢字あんな漢字」(画像はJTEC公式サイトから)

ユーキャン漢字検定講座

そんな合格が難しい漢字検定対策におすすめの講座が、ユーキャンの「漢字検定対策講座」です。クイズのような初心者でも分かりやすいテキスト、添削あり、質問も可能と、おすすめの通信講座です。ユーキャンの全講座一覧はこちら

ユーキャン漢字検定講座がおすすめの理由とは?【添削ありの通信講座】
ユーキャン漢字検定講座の特長をまとめました。漢字検定は市販の問題集を購入して受験される方も多いですが、通信講座を利用するメリットとは?4級・3級・準2級・2級の合格を対象としています。

JTEXとユーキャンの比較!教材・添削・受講期間(学習期間)・費用など

ここでJTEXとユーキャンの比較を表にまとめてみました。この他にもそれぞれ特長があるので、各サイトで御確認ください。

講座名JTEXユーキャン
教材テキストほか ※1テキストほか ※2
対象3級~2級4級~2級
受講期間2か月6か月 ※3
添削レポート2回添削6回
質問可能可能
価格公式サイト(JTEX)詳細記事へ

※1 JTEXの教材は「主テキスト2冊(上・下)」「別冊『らくらく合格! 漢字能力検定模擬問題集(2・3級対応)』」「レポート(提出回数2回)」

※2 ユーキャン漢字検定講座の教材は「メインテキスト(6冊)」「資料集」「漢字トレー二ング帳」「ガイドブック」「テキストの解答と解説」「添削関係書類」などです。

※3 ユーキャン漢字検定講座の標準学習期間は6か月ですが、受講開始から12か月までは添削指導、質問指導などすべての指導サービスが受けられます。

独学(問題集)

また通信講座を利用しないで、問題集だけで独学で合格を目指す方もいらっしゃるでしょう。独学は費用は掛からないものの、自分で教材を探し、また学習計画を立てる必要があります。

特に2級以上になると、漢字検定の合格も難しく、複数の問題集を購入するケースもあります。ぜひ口コミなどを参考にして選ばれるといいでしょう。

【おすすめ問題集まとめ】
10級 9級 8級 7級 6級 5級 4級 3級 準2級 2級 準1級 1級

試験対策記事も(読み問題)

漢字検定対策の記事として、5級・4級・3級それぞれの「読み問題」を用意しました。

5級読み 4級読み 3級読み

もちろん漢字検定試験は、読み問題だけではありません。読み以外にも、書き問題や四字熟語から類義語・対義語まで幅広く出題されています。

ぜひ通信講座やおすすめ書籍を利用して、漢字検定の合格を目指しましょう。

タイトルとURLをコピーしました